最新メッセージ

2020年8月30日「荒野の召命 モーセの信仰④」出エジプト記3:1-22
澌波光正師

「荒野の召命-モーセの信仰④」               出エジプト記3:1-22
「わたしはまた、エジプト人が彼らを虐げている有様を見た。今、行け。私はあなたをファラオのもとに遣わす。私の民、イスラエルの子らをエジプトから導き出せ。」3:12  
  
Ⅰ神様との出会い     1-6
①モーセの荒野での生活も終わりを迎える
②ホレブの山での神様の顕現と呼びかけ
③神様は聖いお方であり、先祖と交わり、契約を結ばれた
④モーセは恐れ、顔を隠した

Ⅱ神様の使命と召命                           7-12
①神様はイスラエルの叫びを聞き、ご計画をモーセに明らかにされ、1)苦しみを見た2)叫びを聞いた 3)痛みを知っていると言われる
②神様はイスラエルを1)エジプトから2)先住民の地、3)乳と蜜の流れる良い地へ 導くと宣言
③召命を与えた神様はモーセに使命を与える
④モーセは恐れと自己不信にとらわれていた1)挫折経験2)絶対主権者ファラオ3)荒唐無稽とも思える計画が原因
⑤神様はモーセに確信=神の保証を与えられた1)神様の同行2)神様の派遣3)神様の深遠な計画が保証

Ⅲ神様の保証                            13-22
①モーセは真実に神様に自分自身の恐れをぶつける
②神様の保証としるしは、「私があなたと共にいる」と言う事
③未経験のモーセは逃げずに食い下がる
④神様は1)存在の根源2)先祖の神様3)契約の神様 であることが明確にされ、具体的な計画が示される
⑤神様の方法は1)長老たちへの神様のご計画の伝達2)ファラオへとの交渉
⑥神様は1)困難の中で2)神様の不思議と奇跡が伴い3)エジプト脱出が現実となると言われる
⑦神様の償いと祝福が約束され、1)エジプト人の好意2)金・銀・衣服の償いとなる3)神様の愛と正義の方
⑧出エジプトがいわば囚人が奴隷を救出する出来事
⑨それは十字架刑に処せられた「イエスキリストによる全人類の罪と滅びかとこの世からの救出のひな型